Top >  顎関節症とは >  顎関節症とはどんな病気?どんな人がなりやすい?

顎関節症とはどんな病気?どんな人がなりやすい?

顎関節症という病気を知っていますか?顎関節症について、理解するために、
まずは顎関節について説明します。さらに顎関節症と、なり易い人について
お話します。


【顎関節とは】

顎関節とは、頭蓋の側頭骨と下あごの骨(下顎骨)とを繋いでいる関節です。
顎関節は両耳のすぐ前に1個ずつ、計2個あります。靭帯と腱・筋肉に
支えられて下あごを動かしている関節のことです。

この顎関節は、実は体にある関節の中でも最も複雑な関節の1つです。
蝶つがいのようにアゴを開閉させるだけでなく、引き戸のようにして
アゴを左右に移動する動きも出来るからです。

この顎関節には、食べものをかんでいる間、大きな圧力がかかりますが、
顎関節にある関節円板と呼ばれる特殊な軟骨によって、頭蓋骨と下顎骨は
互いにこすれ合うことがない状態に保たれています。


【顎関節症とは?】

顎関節症とは、この顎関節に障害が起きた状態のことです。
あごの関節(顎関節)周辺に「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」
などのような何らかの異常がある状態を指します。

障害がおきる原因としては、顎関節部にある筋肉の緊張とよるものと、
器質そのものの障害がある場合が考えられます。そのほかに、
心理的原因によっても、顎関節症が起こることが知られています。



【顎関節症になり易い人】

顎関節症は、子供から高齢者まで幅広くみられる病気ですが、特に20歳代前半と
40~50歳の女性に多い病気であることがわかっています。

なぜ女性に起こりやすいのかはわかっていませんが、女性の方が筋肉の緊張や
ストレスに対して感受性が高く、痛みに敏感である、という考えがあります。

また、まれにですが生まれつき顎関節に異常がある人もいます。


スポンサードリンク


その他症状,原因,病気,あご,きんにくの情報

顎関節症から肩こりが発生した!?
顎関節症から肩こりにまで発展してしまいました。
いつもならば、そんなに気にする事はなかったのですが
今回の肩こりは尋常じゃないほどつらいんですよね。

顎関節症の代表的な症状とは?わかりにくい症状とは?
顎関節症の症状は幅広く、その症状の原因が顎関節にあると気づかれないことも
あります。ここでは、代表的な症状と、顎関節症と気づかれにくい症状について
詳しく紹介します。

顎関節症にはどんな薬が効く?薬一覧
顎関節症の治療は、痛みを抑えるための薬物療法・固定用副子(スプリント)を
使用して顎にかかる負担を軽くする方法・生活習慣の改善が中心となります。

顎関節症を治療する生活習慣とは?改善方法はある?
顎関節症の症状を治療するには、スプリントを使った根本的な治療のほかに、
薬を用いた対症療法と、自宅で取り組める生活習慣の改善があります。

顎関節症の画期的治療!マウスピース(スプリント療法)について
顎関節症の治療では、たいていの方にマウスピースを用いた治療が行われます。
これは、手軽でありながら多くの方に治療効果が見られるためです。
ここではマウスピースを用いたスプリント療法について説明します。

顎関節症に効くサプリメントはこれ!
顎関節症に効果があるサプリメントがあることを知っていますか?
ここでは、多くの女性の悩みの顎関節症に効くサプリメントを紹介します!

顎関節症になったらどの病院にいく?
顎関節症は、10代後半から20代の女性を中心に、50代・60代の女性に
比較的多く起こる病気です。顎の異常があることが主症状ではありますが、
それに伴う、肩こり、頭痛、不眠、目や鼻の不快感なども問題となっています。


顎関節症とは

顎関節症とはどんな病気?どんな人がなりやすい?その傾向と、詳細を記載しました。

関連エントリー

顎関節症とはどんな病気?どんな人がなりやすい?