Top >  顎関節症の治療 >  顎関節症を治療する生活習慣とは?改善方法はある?

顎関節症を治療する生活習慣とは?改善方法はある?

顎関節症の症状を治療するには、スプリントを使った根本的な治療のほかに、
薬を用いた対症療法と、自宅で取り組める生活習慣の改善があります。


顎関節症は、実は生活習慣によって引き起こされていることが多いため、
患者自身が行う生活習慣の改善は、とても治療効果が高いと言われます。
生活習慣を改善することで、症状の治療とともに再発の予防にも繋がります。

ここでは、自宅で、自分で日常的に行いたい生活習慣の改善の方法について
詳しく紹介します。


【生活習慣の改善!】

●歯を接触させない

上下の歯が接触するのは物を噛むときだけにして、通常時は、上下の歯を
接触させないようにして余計な負担をかけないようにしましょう。
歯を食いしばることがないように、唇を閉じて上下の歯は離すようにします。


●硬いものは食べない

痛みや口が開けづらい症状があるとき、硬いものを噛んだり力を入れることは
症状の悪化にも繋がります。しばらく硬いものを食べないよう注意しましょう。


●口を大きく開けない

無理に口を大きく開けないようにしましょう。無理をして口をあけるのは、
症状の悪化に直結します。食べ物は小さく切って口に運ぶようにし、
会話中の大笑い・あくびや歯科治療などにも注意が必要です。


●マッサージをする

顎の筋肉が痛むときは、マッサージをしましょう。血行がよくなって、
痛みが軽減されます。ただしこのとき、弱っている筋肉を痛めないように
あまり力を入れすぎないように気をつけてください。


●姿勢に注意する

立つ姿勢や座る姿勢を正しくしましょう。猫背やあごを突き出す姿勢は、
顎関節症を引き起こします。同じ姿勢を長時間続けることもやめましょう。


●うつ伏せで寝ない

うつ伏せの状態は顎や首の筋肉に負担がかかるので、その体勢で
就寝しないようにしましょう。できるだけ仰向けで寝るようにしてください。
枕も、首にあったものを選び、背の高いものは避けるようにしてください。

スポンサードリンク


その他治療,改善,生活,対処,手術の情報

顎関節症から肩こりが発生した!?
顎関節症から肩こりにまで発展してしまいました。
いつもならば、そんなに気にする事はなかったのですが
今回の肩こりは尋常じゃないほどつらいんですよね。

顎関節症とはどんな病気?どんな人がなりやすい?
顎関節症という病気を知っていますか?顎関節症について、理解するために、
まずは顎関節について説明します。さらに顎関節症と、なり易い人について
お話します。

顎関節症の代表的な症状とは?わかりにくい症状とは?
顎関節症の症状は幅広く、その症状の原因が顎関節にあると気づかれないことも
あります。ここでは、代表的な症状と、顎関節症と気づかれにくい症状について
詳しく紹介します。

顎関節症にはどんな薬が効く?薬一覧
顎関節症の治療は、痛みを抑えるための薬物療法・固定用副子(スプリント)を
使用して顎にかかる負担を軽くする方法・生活習慣の改善が中心となります。

顎関節症の画期的治療!マウスピース(スプリント療法)について
顎関節症の治療では、たいていの方にマウスピースを用いた治療が行われます。
これは、手軽でありながら多くの方に治療効果が見られるためです。
ここではマウスピースを用いたスプリント療法について説明します。

顎関節症に効くサプリメントはこれ!
顎関節症に効果があるサプリメントがあることを知っていますか?
ここでは、多くの女性の悩みの顎関節症に効くサプリメントを紹介します!

顎関節症になったらどの病院にいく?
顎関節症は、10代後半から20代の女性を中心に、50代・60代の女性に
比較的多く起こる病気です。顎の異常があることが主症状ではありますが、
それに伴う、肩こり、頭痛、不眠、目や鼻の不快感なども問題となっています。


顎関節症の治療

顎関節症の治療・薬物療法と生活習慣の改善について

関連エントリー

顎関節症にはどんな薬が効く?薬一覧
顎関節症を治療する生活習慣とは?改善方法はある?