Top >  顎関節症の症状 >  顎関節症の代表的な症状とは?わかりにくい症状とは?

顎関節症の代表的な症状とは?わかりにくい症状とは?

顎関節症の症状は幅広く、その症状の原因が顎関節にあると気づかれないことも
あります。ここでは、代表的な症状と、顎関節症と気づかれにくい症状について
詳しく紹介します。


【代表的な症状】

●あごが痛む

顎関節や周辺の頬・こめかみの痛みは、代表的な症状の一つです。
口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛むのが特徴です。
あごの動きに関係なく痛む場合は、他の病気である可能性があります。


●口が大きく開けられない(開口障害)

正常な人は、口を縦にあけると指三本が入りますが(40~50㎜)、
指が2本程度(30mm)以下しか入らない場合、開口障害があると考えられます。

これは、あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、
顎関節の異常で口が大きく開けられない場合の2通りの理由があります。
いきなり口が開かなくなる時と、徐々に開きづらくなっていく時があります。


●あごを動かすと音がする(関節雑音)

あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」という音がしたり、
「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音がすることがあります。
しかし症状が音だけの場合は、まだ積極的な治療は必要ないでしょう。


●噛み合わせに違和感がある

あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて、
噛み合わせが変わることがあります。急に噛み合せが変わったように
感じるときは顎関節症の疑いがあるので注意しましょう。


【分かりにくい症状】

顎関節症が原因で起こっているのに、そうとは分かりにくい症状があります。
例えば頭痛です。頭痛がひどく、普通の頭痛薬では痛みが治まらずに、
頭痛が繰り返し起こる場合は、顎関節障害が原因である場合があります。

そのほかにも首の辺りから腕へ放射状に広がる痛みと凝り・めまい・
耳の痛み・耳詰まり・睡眠障害などの症状が現れることもあります。


スポンサードリンク


その他あご,症状,原因,理由,耳の情報

顎関節症から肩こりが発生した!?
顎関節症から肩こりにまで発展してしまいました。
いつもならば、そんなに気にする事はなかったのですが
今回の肩こりは尋常じゃないほどつらいんですよね。

顎関節症とはどんな病気?どんな人がなりやすい?
顎関節症という病気を知っていますか?顎関節症について、理解するために、
まずは顎関節について説明します。さらに顎関節症と、なり易い人について
お話します。

顎関節症にはどんな薬が効く?薬一覧
顎関節症の治療は、痛みを抑えるための薬物療法・固定用副子(スプリント)を
使用して顎にかかる負担を軽くする方法・生活習慣の改善が中心となります。

顎関節症を治療する生活習慣とは?改善方法はある?
顎関節症の症状を治療するには、スプリントを使った根本的な治療のほかに、
薬を用いた対症療法と、自宅で取り組める生活習慣の改善があります。

顎関節症の画期的治療!マウスピース(スプリント療法)について
顎関節症の治療では、たいていの方にマウスピースを用いた治療が行われます。
これは、手軽でありながら多くの方に治療効果が見られるためです。
ここではマウスピースを用いたスプリント療法について説明します。

顎関節症に効くサプリメントはこれ!
顎関節症に効果があるサプリメントがあることを知っていますか?
ここでは、多くの女性の悩みの顎関節症に効くサプリメントを紹介します!

顎関節症になったらどの病院にいく?
顎関節症は、10代後半から20代の女性を中心に、50代・60代の女性に
比較的多く起こる病気です。顎の異常があることが主症状ではありますが、
それに伴う、肩こり、頭痛、不眠、目や鼻の不快感なども問題となっています。


顎関節症の症状

顎関節症の代表的な症状・わかりにくい症状。その原因等をお伝えします。

関連エントリー

顎関節症の代表的な症状とは?わかりにくい症状とは?